macam-macam・・・インドネシア語でいろいろという意味


by lee_tupai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

半額!

レンタルが半額だったので、これでもかというくらいにビデオ・DVDを
借りてきた。しかも全作が香港映画およびカンフーもの。
そのうちに制覇してしまいそうな勢いである。(汗)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地発狂
黄飛鴻之 男兒當報国
d0010641_16494780.jpg
私の大好きなシリーズの2番煎じらしい。
邦題が同じなので解りにくいが、主役黄飛鴻はもちろんリンチェイではない。
しかーし、冒頭になぜか「少林寺」のシーンが。しかもリンチェイのアップ。「????」と思っていると、主題歌は「男兒當自強」の歌詞違い、映像は夕陽のシルエットに演武する弟子たち。これってワンチャイシリーズとほぼ同じじゃない。
「黄師匠!」と呼ばれリンチェイがいつ出て来てもおかしくない期待を見事に絶ち切ってくれるのが黄飛鴻役の王羣(ウォン・クァン)。
濃い。濃すぎる
ワンチャイシリーズでリンチェイの後を引き継いだ趙文卓(ウィン・ツァオ)もちと頼りなげな黄飛鴻だったが、これはちょっと・・・・・。

肝心の作品のほうは2番煎じにありがちのトホホな内容ではなくそれなりにきちんとした作品。
しかしの後お口直しに「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱」を見たので寝るのが遅くなったぞ。
[PR]
by lee_tupai | 2005-07-24 17:01 | CINEMA

食す!

あかん。最近食べすぎやー。
d0010641_17385327.jpg

今日は甲子園の内野で100食限定の「誠のつけ麺」を食べた。
今岡プロデュースの冷やし麺。
麺にこだわったらしいが、某TV番組で「うまかっちゃんが一番ウマイ」と断言していたから
正直味覚をちょっと疑ってたけど。
麺はウマイ!
ただし席で食べるのには向かないなぁ。つけ汁がこぼれないようにするのに必死・・・
[PR]
by lee_tupai | 2005-07-16 23:29 | Tガース

120分1本勝負

d0010641_22574732.jpg
チャーシューパオ他点心がどうしても食べたくて
香港蒸籠
点心が香港のようにワゴンスタイルで運ばれてくる。
普段はあんまり食べ放題には行かないんだけど
早いペースで食す。食す。

1時間経過。お腹がハチキレ寸前。

その後、食べすぎでお腹が痛くなり薬局へ直行。
液キャベのお世話となりました
[PR]
by lee_tupai | 2005-07-15 23:00

せっかく書いたのに

消しちゃったよぅ。

◆コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
うちのボロPCの容量がトホホなので数曲しか入ってません。

◆今聞いている曲
無音。

◆最後に買ったCD
BALI MIDORI(リラクゼーション系CD)

◆よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
●男兒當自強/成龍
リンチェイ「ワンスチャイ天地大乱」の主題歌。ジャッキーが歌ってます。
前奏を聞くだけで血が騒ぐ?
●Everybody needs somebody/Love Psychedelico
通勤時に聞いてます。
●沈める街/倉橋ヨエコ
●LIFE/MONDO GROSSO fut.bird
数年前のANA沖縄キャンペーンのCM曲。夏になるとこれ聞いて海に飛びこみたくなる。
●六甲おろし
これでオチましたか?もちろんソラで3番まで歌えます。
[PR]
by lee_tupai | 2005-07-10 22:11 | お気に入り

秘密特訓

長拳の基本功の中にある側転がどうしても出来ずに
公園で軍手をはめて練習する。(指導---だんな)
この歳になってなにも日曜日に側転の練習をするなんて夢にも思わなかった。

それがついに今日できました
[PR]
by lee_tupai | 2005-07-10 20:38 | カンフー

宇宙戦争

宇宙戦争

なんと1953年の作品。生まれる前のSFって・・・・・
ある意味期待して観た。
特撮はさすがに・・・・です。(でも50年以上前の作品だから許す。)
スピルバーグ作品のあの場面=この場面かぁと感慨深く観れた。
人々が暴徒化したりや最後を神に祈るといった様子も描かれ、
物語が進んでいくにつれどんどん作品に引きこまれた。
ラストは知っているのに「どういうラストになるんだろう」とさえ思わせる。

現在の作品と比べると特撮面では足元にも及ばないかもしれないけれど
古さを微塵にも感じさせない作品だった。
[PR]
by lee_tupai | 2005-07-09 23:04 | CINEMA

ダニーザドック@4回目

一緒に行った友人に「あはは!!4回目となると鑑賞というより研究やん!」
と爆笑される。
ハイ、そのとおりです。
今回の研究テーマはズバリ、リンチェイのアクションです!
いきなりアクションから始まるあたりたまらんです。
しかーし、闘う犬でありますから野性的なのです。
1対多数ではなくあくまでも1対1。相手がぐったりするまで殴る殴る。
そして次の獲物へ・・・・
そんなファイトスタイルが後半からは洗練されてくる。
武器を手にしたあたりなどは香港映画からのファンにしてみると
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!! だし
後掃脚やら旋風脚やらカンフー技が登場すると
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

ダニーっていつの間にカンフー習ったん?というツッコミは忘れよう。

再来週あたりで公開終わってしまいそう。最後にも1回
[PR]
by lee_tupai | 2005-07-08 19:39 | CINEMA

首位

魔の6月が過ぎても首位。
「いけるんちゃう?いけるんちゃう?」と私も思い出した。
しかーし、阪神ファンというのは疑り深いというか・・・
「いやー何があるかわかんらんし。」
揺れ動く期待感である。
[PR]
by lee_tupai | 2005-07-07 13:34 | Tガース

毎日

1週間レンタルしてきて毎日1回以上見る。自分でもあきれる。
ターゲット・ブルー
ターゲット・ブルー

香港版ボディガードと言われている作品。
そして女性ファンに絶大な人気を誇るっているらしい。
しかしこの角刈りを見るかぎり???であった。
「ハァ??そんな軟派なモノはあかん。やっぱ辮髪!
古装片(時代物)よ。ワンチャイに勝るものなし!」と食わず嫌いだったが、すんません。
上記の有り様である。
ダニーの子犬っぷりにやられ、これを観たらもう・・・・・。

子供の頭をはたくいきなりのコーリーユエン登場がちょっとツボ。
[PR]
by lee_tupai | 2005-07-07 12:08 | CINEMA

ダニー3回目

ダニーザドック 3回目行ってきやした。
感想は変わるかと思いきや、やはり後半部分のストーリー
の盛りあがりに欠けるなあという感じか変わらない。

でもやはり近年の作品の中でハリウッド作品よりはいい。
ベッソンと組むのがいいってことなのかな?
ダニーを演じる上で「中華英雄」のブチギレファイトや
「大地無限」の幼児退行が今になって役立つなんてね。

そして私はまたしても4回目を鑑賞しようとしているのである。
[PR]
by lee_tupai | 2005-07-04 23:49 | CINEMA